わんこ

ペットロスの記事です。


姉の家のわんこが亡くなってしまって、まだちょっと現実を受け入れられてない気がします。

以前姉の家から帰ったあと、寂しそうにしているわんこの写真を貰ったのですが…

それを見るたびに、寂しいのはこっちだよ、と思います。


亡くなった時に姉がすぐ連絡くれて、火葬も間に合う時にしてくれたので、最期のお別れはできました。

感謝しかないです。


わんこが来てから初めて泊まった他人が私だったので、翌朝リビングに行ったときに「あれー?居るのー!?」ってキラキラした目で、てちてち寄ってくる姿がとても可愛かったです。

私の脳内にしか映像がないのがすごく悔しい。


実家で飼ってた子の時は、最期の数カ月夜中に起きて面倒観てたりしてたので、ここまでの喪失感はありませんでした。

夜中にちょっと起きて、ああ面倒みなくていいのかとか思ってまた寝たりとかはありましたが…。

だから私は割とペットロスとは無縁かと思ってました。


だからちょっと今自分でもびっくりしてます。

在宅勤務でよかったです。ずっと瞼が腫れてるので。


居なくなったのが信じられない気持ちと、一緒に居て幸せだった時間がそれこそ夢だったんじゃないかという気持ち。

また会いたいな。会いたかったな。
スポンサーサイト



友達と距離感

20220421195116fdd.jpeg

友達が誕生日にチョコくれました。
選び方がさすがだなと。かわいい。
さくら風味でテンションアガりました。

202204211951386a3.jpeg

とあるSNSハマってるんですけど、それによってむしろ今居る友達って貴重だなと実感してます。

20220421195208d09.jpeg

人によって心地よい距離感って違うと思うんですけど、それが掴めてる友達が複数居るってすごいことなんだなと。
あくまで私にとって心地よいという話ではありますが。

メンタルやられたこともあり、SNSで人と距離感を大切にする練習をしてます。
ちょっと今疲れたのでブログ書いてますが…。
私が近付き過ぎちゃうのが課題と感じています。
今居る友達とは程よく距離感があるのですが、なんでだろ?たまたま?相手のお陰かな。
完全にここからここまでグループっていうのは向いてないなと。

一緒の時間を共有しても、あくまで個人個人としての関係性である今の友人達を大切にしたい。
グループのようであっても、個人の価値観を尊重できる間柄というのは心地いいものです。